« ドイツの「森で5年間暮らした少年」は狂言だった | トップページ | アリゾナ州でまた巨大砂嵐発生(動画) »

2012年6月17日 (日)

イカを食べたらイカの子を「妊娠」?

 韓国の63歳の女性がイカを食べたところ12匹の子イカを「妊娠」してしまった。
 メリーランド州ベセスタの国立バイオテクノロジー情報センターの報告書によれば、この女性がイカ料理を食べていたところ口の中に鋭い痛みを感じたという。その後女性は医者に対し、口の中で「虫のような生き物」がいると言った。調べたところ、口の中にイカの幼生がはりついているのが確認された。小さなさや状のものがセメント状の物質で口腔に貼り付いていたのだ。さやの中にはイカの「射出管(?)」(ejaculatory apparatus)と精子が確認された。イカはこの射出管で精子を相手の体に撃ち込む。女性は入院し医師の手で歯茎や舌、頬からさや状のものが取り除かれ、イカの「精包」であることが確認された。
 同報告書は以下のように書いている。「女性は食べたものを飲み込まずただちに吐き出した。女性は口腔内にちくりとする痛みと異物感を感じた。」「12個の小さな、紡錘形の虫のようなものを、傷ついた粘膜とともに舌や頬、歯茎から完全に除去した。」「その形態、精子嚢の存在から、この異物はイカの精包であると判明した。」"Science 2.0"によれば精包とは精子入りのカップのようなものだという。同サイトはどのように精包が皮膚内に注入されたかにはまだ分からない点があるという。
 同様のケースは2011年の12月に日本の女性が生のイカを食べたところ口内に鋭い痛みを感じたケースがある。彼女は食べ残したイカを瀬戸市の公立陶生病院に持ち込み、精包を除去されたという。人間の口内に卵を産みつけられる事故は、生の魚を食べる東アジアに限定されると考えられている。西洋でイカを調理する場合は、精包を含む内臓は取り除かれるからだ。(Mail Online)【吉】

6月 17, 2012 at 11:12 午後 今日の生き物 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2366/54990939

この記事へのトラックバック一覧です: イカを食べたらイカの子を「妊娠」?: