« ペニス泥棒、今度は中央アフリカに出没か | トップページ | すべてを呑み込むラトビアの謎の渦巻き »

2013年4月10日 (水)

肛門からうなぎが取り出せなくなり手術

 広東省仏山市の39歳の男性が、うなぎが肛門から取り出せなくなり病院に駆け込んだ。この男性はAVのまねをしてうなぎを肛門に挿入したという。この独身男性は医師に対し「どうか、どうか助けてください。うなぎが体の中で動きまわってるんです。」と言った。
 外科医が何時間かかけて体長約50cm、重量500g以上のうなぎを取り出した。医療チームの一人は「うなぎは取り出した時はまだ生きていましたが、やがて死んでしまいました。(うなぎのとっては)むしろ幸運だったかもしれません。」「まったくばかげた行為で、重いけがを負う危険性もありました。うなぎには小さくても鋭い歯があるんです。」と語った。警察は「何が起きたかは把握しており、この男性は動物虐待で取調べ中です。」と語っている。
 2008年にはイギリスで牧師が肛門からじゃがいもが取れなくなり病院にかけこんでいる。この時この牧師は「裸でカーテンをつけかえていたら野菜の上に落ち、じゃがいもが肛門に入ってしまった」と説明している。(Metro News)【吉】

<関連記事>
「チンコに鉛筆を差し込んだ男、緊急手術へ」(2006.2,セルビア)
「肛門にロケット花火を挿して飛ばそうとした男、大やけど」(2006.11,イギリス)
「魚がチンコの先からすべりこみ膀胱へ」(2008.8,インド)
「驚きのX線写真(女性の肛門内にヘアスプレー… など6点)」
「(画像)肛門に牛乳瓶を入れ、取れなくなった男性」(2011.7,中国)
「チンコの先からウナギが入ってしまった男性(画像あり)」(2011.9,中国)

4月 10, 2013 at 10:49 午後 今日の生き物 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2366/57147133

この記事へのトラックバック一覧です: 肛門からうなぎが取り出せなくなり手術: