« ホームレスを殺し、切り落とした首でサッカーをした若者 | トップページ | 日焼けで両耳をなくした猫 »

2013年7月 7日 (日)

霊と会話する兄妹

 英国チェシャー州サンドバッチのジェイドン・ビリントン君(10)と妹のルーシーちゃん(8)は自宅に現れる霊と会話ができ、昨年だけで亡くなった祖母を含む10体以上の霊と親しくなっているという。
 ジェイドン君はサム・クリースとシモン・クリースというアメリカ人の夫妻、マイケル(ミカエル)という天使と話ができ、ルーシーちゃんはローズという少女の霊と話ができるという。
 母親のパムさんによれば、2人が霊についてしょっちゅう話すため、霊が家族のように感じるという。「2,3年前、ジェイドンが夜天使が来たと話したことから始まりました。」「最初は想像の産物だと思って無視していたのですが、ルーシーも天使について話しだしてから耳を傾けるようになりました。」「これはある者に備わり、別の者には備わっていない才能です。つくり話ではなく、私は本当に子どもたちが霊と話ができると信じています。」
 この超常現象はビリントン一家が以前住んでいたマンチェスターの家で始まった。子どもたちは霊が家族といっしょに住んでおり、屋根裏部屋にもいると言い出したのだ。今年の3月一家はサンドバッチの新居に引っ越してきたが、新居でも心霊現象が起きた。そして専業主婦のパムさんも霊と遭遇しジェイドン君たちの言うことを信じるようになったという。パムさんはいう。「おかしい話だと思うでしょうが、それ以来私も子どもたちが話す存在が感じられるようになったんです。」「ある夜テレビを見ていていた時、ジェイドンに霊が本当にいるなら、私のスボンをひっぱるようお願いしてみてと言ったんです。」「ジェイドンがお願いをした2,3秒後何かが私の足をつつき、ズボンが動くのをこの目で見たんです。」「信じられませんでした。今ではいつでも霊たちは私に触れてきます。腕をつついたり足を触ったりします。目をつつかれたこともあるんです。」「ジェイドンが霊にそこにいることを証明するようにお願いした時、テレビの画面が荒れたこともあります。」「これを理解するには実際体験するしかありません。私はいつもいろんなものを読みますが、子供と一緒に経験するまでは本当の理解はできませんでした。」「霊が家の中にいることが好きです。素敵なことです。」「霊は何でも可能なことを示してくれますし、死後への希望ももたせてくれます。今の人生で終わりではなくその後も続くのだということがわかりました。」
 パムさんは無神論者で、子供を幽霊を信じるように育ててはいないし、心霊的な能力をのばそうとしたこともないという。しかし霊を信じるようになった。なお子どもたちは学校ではなく自宅で勉強させている。
 ビリントン家の霊の中にはジェイドン君が話せるアメリカ人のサム・クリース、シモン・クリース夫妻、マイケルという名の天使、ルーシーちゃんが話せるローズという少女がいるが、新居に移った後パムさんは近所の庭に最近亡くなった年老いた女性とおぼしき霊をみかけたという。
 ジェイドン君はいう。「以前はいつも誰かに見られているような気がして眠りづらかったです。」「夜起きてはママやパパの部屋に逃げ込んでました。」「今では霊が見えて話もでき、返事も返してもらえます。昼でも夜でも霊は見えます。」「ママやパパに話をつくっているか聞かれたことがありますが、そんなことはしてません。本当にこの家には霊がいるんです。」
 ルーシーちゃんは霊の友だちには慣れたが、夜遅くに霊が出ると今でも恐いという。「昔は恐かったです。はじめて霊を見たときそれが霊なのかまぼろしなのかわかりませんでした。」「今ではほとんど恐くないです。慣れました。」
 母親のパムさんは子供には特別な能力が備わっていると信じているが、父親で健康アドバイザー、エホバの証人の信者として育ったダロンさん(40)は今でも懐疑的だ。彼は自分は霊に出会ったことはないという。「私は心霊を否定する宗教で育ちました。」「今でも子供と霊について話す時は少し気をつけています。しかし子どもたちに異常がなくそれで彼らが幸せなので放っています。」「最初は信じないと言い、それは想像上の友人だと考えていました。」「しかし子どもたちが霊について語るときあまりに詳細に語るので私も受け入れるようになりました。」「今でも100%は信じていませんが、話の中には何かしら真実が含まれているのだと思います。」「子どもたちは嘘つきではありませんし、子どもたちの話を聞けば信じられます。」
 長女のエミリーさん(14)はビリントン家の子供の中でただ一人霊と会話ができない。また不思議なことも見たことがないという。「霊のことは気にしないけど、見たこともないの。もし見えたら恐いでしょうね。」
リンク: (Mirror Online)
 まあね。子供は意識的に嘘はつかなくても親が喜ぶ話をつくるよね。【吉】

<関連記事>
「出没する悪霊に市長が魔術師起用」(2004.5,ニジェール)
「英国の海軍基地で幽霊騒動」(2004.6,イギリス)
「来日アーティスト、大阪で幽霊に悩まされる」(2004.7,アメリカ)
「床下から人骨…少女はその霊と会っていた?」(2004.10,アメリカ)
「女性の尻をつまむ幽霊現る」(2006.4,イギリス)
「写真に死んだ友人の霊?」(2007.6,アメリカ)
「フロリダ州のコメディ・クラブに幽霊が出没」(2008.3,アメリカ)
「少年の霊写真に写る?」(2008.4,イギリス)
「セントポール寺院内に16世紀の司祭現る」(2008.4,イギリス)
「スコットランドの古城の窓から覗く幽霊」(2009.3,イギリス)
「心霊が窓から覗いていたスコットランドの古城で2枚目の心霊写真発見?」(2009.4,イギリス)
「ショッピングセンターに子供の幽霊」(2009.6,チリ)
「英国の遊園地、相次ぐ心霊現象にコースターの予定地を変更」(2011.2,イギリス)
「毎夜おばあさんの体をまさぐるエロ幽霊」(2011.11,イギリス)

7月 7, 2013 at 06:00 午後 今日のトピックス |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2366/57742892

この記事へのトラックバック一覧です: 霊と会話する兄妹: