« 8本の足と雌雄両方の性器を持った山羊産まれる | トップページ | 10回の整形を繰り返し韓国人になったブラジル人 »

2014年5月 8日 (木)

死亡シーンを撮影中本当に死んでしまった俳優

 アラビアの俳優Mahmud al-Sawalkaさん(55)は死亡するシーンを撮影中カメラの前で倒れて本当に死んでしまった。
 中東で、特に歴史ドラマでの演技に定評がある彼は、ヨルダンの首都アンマンでテレビドラマ「血を分けた兄弟」の死亡シーンを撮影中だった。
 ベドウィン役を得意としていた彼は銃で撃たれ、息子役に向かって最後の台詞「私をお前の手で埋めてほしい」と言った後死ぬことになっていた。しかし実際には「私はもうすぐ死ぬような気がする」と言ったという。
 死因は不明で現在調査中。(Mirror Online)【吉】

5月 8, 2014 at 12:26 午前 今日のトピックス |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2366/59604327

この記事へのトラックバック一覧です: 死亡シーンを撮影中本当に死んでしまった俳優: