« スペインで緑色の子犬生まれる | トップページ | ロックした車の中に現れた犬の謎 »

2014年6月24日 (火)

米退役軍人、地球防衛軍での20年間の任務を告白


 「キャプテン・ケイ」と名乗る元米海軍の退役軍人が、彼がかつて多国籍組織が運営する「地球防衛軍」で働いていたことを明らかにした。
 彼は勤務先の火星で17年間過ごしたという。海軍歩兵であった彼は5箇所の地球人のコロニーを土着の火星人から守るために配備され、その後約3年「地球防衛軍」と呼ばれる多国籍組織の軍隊で働いた。軍隊ではアメリカのほか、ロシアや中国からの軍人が勤務していた。彼がExoNews TVに語った証言によれば、彼は3種類の戦闘機と3種類の爆撃機の操縦について訓練を受けたという。この訓練は月面作戦司令部と呼ばれる月面基地、土星の衛星タイタンや宇宙空間で行われた。
 20年後任務を終えた時には、ドナルド・ラムズフェルド元国防長官らのVIPが主宰する引退式が月面で行われたという。(Mirror Online)【吉】

6月 24, 2014 at 01:09 午前 今日のトピックス |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2366/59867062

この記事へのトラックバック一覧です: 米退役軍人、地球防衛軍での20年間の任務を告白: