2021年2月28日 (日)

報告140:広尾 隠された純粋階段

P2277641s
地図によればこのへんに階段があるはずだが…

Img_2885
ブロック塀の隙間から中を覗くと…何かある!

P2277604s
裏へ回る。石段をみつけた。途中に仏様が。

P2277619s
仏様の先にも階段は続く。

P2277610s
上りきった先は先程の塀がたちはだかる。両側のビルへの入口もない完全な行き止まり。

P2277625s
階段上からのながめ。

報告140:広尾 隠された純粋階段
発見者 吉野 忍
発見年月日 2021年2月27日
発見場所 渋谷区広尾5-1-10,11
コメント

 この場所は以前から気になっていた。地図上は階段が表示されているのだが、ストリートビューで見ても階段の入口らしきものが見つからないのだ。そこで現地に行ってみると、やはり階段の入口にあたる部分にはブロック塀がある。ブロック塀の横に少し隙間が空いているので、そこから中を覗いてみると、何かある!
 裏に回ってみるとやはり石段があった。踊り場には仏様が祀られている。最上段まで上ると先程のブロック塀が立ちふさがっている。両側のビルへの入口もない完全ないきどまり。かなり長大な純粋階段だったのだ。
 おそらく寺の敷地内であり、塀の向こう側の車の通りも結構多いので安全上塞いだのではないか。してみると、途中の仏様はあるいは交通事故で亡くなった子供の供養のためとも考えられる。仏様の裏の文字までは確認していなかった。

(2021.3.1追記)
 仏様の裏を確認したところ、戒名と昭和五十三年の日付、行年六十九歳という銘を確認した。

 

«報告139:常陸太田の男湯・女湯