2012年2月25日 (土)

報告92:門司麦酒煉瓦館原爆型物件

P2236486s

P2236492s

報告92:門司麦酒煉瓦館原爆型物件
発見者 吉野 忍
発見年月日 2012年2月23日
発見場所 北九州市門司区大里本町3-6-1
コメント  門司麦酒煉瓦館は大正元年(1912)、のちにサッポロビールに合併されたサクラビールの工場の事務所棟として建てられた建物で、現在は資料館として利用されている。周辺には醸造棟や倉庫棟も残されており、現在ではレストラン・ホール・ギャラリーなどとして利用されている。
 門司麦酒煉瓦館の裏手にこの物件はある。大抵の歴史ある煉瓦建築物は改修に改修を重ねた結果埋めた窓や隣接した建物の痕跡だらけで、一つ一つをトマソンとして扱うときりがないのだが、この物件は特に明瞭なものだったので一つの独立した物件として扱いたい。
 壁面に隣接棟の痕跡が白く浮かび上がり、微妙に塗り分けられた開口部の痕跡や補修跡が絶妙なテクスチャーをつくりだしていて美しい。おそらくパイプの跡であろう無数の丸い痕跡が異様だ。


大きな地図で見る

2011年12月12日 (月)

報告91:京町原爆型物件2

Pc025700s

Pc025697s

報告91:京町原爆型物件2
発見者 吉野 忍
発見年月日 2011年12月2日
発見場所 北九州市小倉北区京町1-5
コメント ビルの壁面の模様も面白いが、とりあえずそれはおいておいて、建物の角に微妙な角度で刻み込まれた今はなき建物の痕跡に注目したい。


大きな地図で見る


報告90:京町複合型物件

Pc025682s

Pc025685s

報告90:京町複合型物件
発見者 吉野 忍
発見年月日 2011年12月2日
発見場所 北九州市小倉北区京町3-6
コメント ビルの壁面に、複数の建物の影が現れている。1階部分には階段を埋め立てた純粋階段が。


大きな地図で見る


報告89:京町原爆型物件

Pc025679s

報告89:京町原爆型物件
発見者 吉野 忍
発見年月日 2011年12月2日
発見場所 北九州市小倉北区京町3-10-6
コメント ビルの壁面に残された建物の影。若干の厚みがある。トマソン部分に「キッチンQ」と書かれているのはこのビルに入っている飲食店の名。キッチンQの人はトマソンであることに気づいているだろうか。


大きな地図で見る

2010年1月10日 (日)

報告27:博多原爆物件

27

報告27:博多原爆物件
A House-mark Printed on a Next House at HAKATA
発見者 吉野 忍
発見年月日 1998年3月2日
発見場所 福岡市博多区冷泉町8-3
コメント 商店の側面に見事に隣家の屋根の痕跡が残っている。


View Larger Map

報告26:博多二重無用ドア

26

報告26:博多二重無用ドア
Double Useless Doors at HAKATA
発見者 吉野 忍
発見年月日 1998年3月2日
発見場所 福岡市博多区博多駅前1-7 和食処「冨家」
コメント 食堂の裏側、駐車場に面した壁面に上下に重なるように無用ドアがある。おそらくかつては現在駐車場の部分にも建物が続いており、無用ドアは寸断された廊下の断面だと思われる。よく見ると開口部の周りに補修をしたらしく、壁が若干盛り上がっている。


View Larger Map