2019.08.18

市谷左内町:遺跡風構造物

 市谷左内町は外堀に向かって開けた谷の南側斜面に位置している。そのため地区内には擁壁も多いが、この物件はそうした擁壁の一つの下に位置している。

Photo_20190818223201
■周辺の地形と市谷左内町、物件の位置
(「東京地形図 on the Google Earth」gridscapes.netをもとに作成)

 高さ6mほどの擁壁の下部前面に高さ1.5m、奥行き4m、幅20mの段状の部分があり、全てコンクリートで固められている。中央には段上に上れる階段があり、また引き戸の溝のようなもの、コンクリートの用水槽をそのまま埋めたようなもの、その他多くの凹凸がある。マヤかアステカの遺跡のようにも見える。

P8144544s
■正面から。中央の階段。

P8144550s
■横方向から

P8144556s
■用水槽を埋めたようなもの

P8144553s
■引き戸の溝のようなもの

P8144559s
■段上の様子

P8144574s
■背後の擁壁の上から

 おそらくはかつて一段高くなっていた土地を建物の敷地として使っていたものを、がけ崩れ防止などの目的でコンクリートで固めたものだろうが、用水槽の埋め方や一部飛び出したような階段があることからみて、いろいろなものを中に残したままその上から荒っぽくコンクリートで固めたように見える。

Photo_20190818225201  
■全体図

 元々がどんな状態であったのか、1960年の住宅地図にまで遡ってみたが、この部分にはガケの記号が記してあるのみで何か建物があったことは確認できなかった。物置小屋のようなものがあっただけかもしれない。
 前面は現在では大部分が駐車場になっているが、一軒残った民家が二階の物干し台からここに出られるようになっていることから、同様に前面に建っていた民家の二階からここに出られるようになっていたのかもしれない。

1970s
■住宅地図(1970年)
公共施設地図航空株式会社 編(1970)『全国統一地形図式航空地図全住宅案内地図帳 新宿区 1970年度版』渋谷逸雄.

8月 18, 2019 ■新宿区 |

2019.07.07

白山:斜面奥へ続く2つの特殊な私道階段

Photo_20190707231301
■周辺の地形と2つの階段の位置(等高線は東京地形地図 ©2009-2015 gridscapes.net による)

【民家に続く細長い急階段】
 文京区白山、日立製作所の迎賓館「白山閣」から北へ続く台地の西側、臨済宗の寺院「是照院」の敷地に沿って急峻な階段が伸びている。約10mの高低差を結ぶこの幅1mほどの階段は、途中一箇所ある踊り場を経てまっすぐ丘の上の民家に続いている極めて細長い一本道だ。民家の窓からはさぞ絶景が望めるだろうと羨ましく思う一方で、毎日この階段を上り下りするのは辛かろういう気持ちにもなる。

Pb172358
■急階段入口。奥に階段が見える。左は是照院。
Pb172351
■急階段。是照院との間は高い塀で仕切られている。


【道路に突き出したL字の石段】
 そしてこの階段へ続く道の一本南に、もう一つの階段がある。ゆるやかに台地に向かう坂を上るとその末端に、民家の擁壁と擁壁の間をすり抜けるように約20段の石段がある。石段の下は一部道路敷に突き出したような特殊な形状をしている。この石段は踊り場を経て左に曲がり、やや狭くなってさらに数段続く。その先は民家の庭先のような空間が続き、立ち入るのがはばかられる雰囲気だ。

Pb172315
■石段の正面から。登った先は垣で隣地と区切られている。
Pb172326
■石段側面から。下部が道路敷に突き出したような特殊な形状。
Pb172340s
■踊り場から先、数段の石段と庭先のような空間。

【裏でつながる2つの階段】
 航空写真を見ると、この2つの階段は実は裏でつながっていることがわかる。L字石段の先に続いていた庭先のような空間を抜けると、実は最初の旧階段の上に出るようになっているのだ。
 この魅力のある2つの階段を利用するのは急階段の先にある民家とL字の石段の先にある民家、わずか8軒だ。なんと贅沢なことだろう。階段の上はこの8軒以外の人間がまず立ち入らないプライベート性の高い空間が広がっている。
Photo_20190707232501
■2つの階段の位置関係。階段の先は赤く塗られた8軒の民家のプライベート的空間。

7月 7, 2019 ■文京区 |

2019.06.16

四谷荒木町(2):1972年当時の料亭の分布

「四谷荒木町(1):窪地の地形が生んだ坂とバーの街」で、次のような内容を書いた。

 ただ荒木町が惜しいのは、駅と飲食店街と坂・池の位置関係があまり良くない点だ。池のあたりの低い場所にも飲食店があれば、坂を下って飲みにいく、池を見ながら食事するといったアクティビティが発生するだろう。現状では駅から池を見ず、坂を通らずとも飲食店街までたどり着けてしまう。荒木町で飲みながら策の池の存在にも気づいていない者もあるのではないか。

 この点過去はどのような状況だったか。1983年三業組合(料亭・待合・芸妓屋の組合)が解散する前の住宅地図(1972年当時)から、明確に「料亭」「旅館」と表記してあるものを地図上にプロットしてみた。現在の区立荒木公園の位置には三業組合の事務所が残っており、現在飲食店が集積する柳新町通り、車力門通り以外にも、明治期の策の池の周囲に料亭が分布しているのがわかる。2019年現在1の橘家は現存、9の雪むらは建物が残っている。
 かつて一体であった坂・池という地形と飲食店街が分離してしまったのは80年以降、料亭が閉鎖し宅地化していった結果だったのだ。2_4
公共施設地図航空 編「全航空住宅地図 新宿区」昭和48年度版 をもとに作成

 なおこれ以前の状況を知ろうと住宅協会「東京都全住宅案内図帳 新宿区東部」1962にあたったが、料亭などの表記がなく確定できなかった。また1948年頃の火災保険特殊地図を探したが、荒木町付近のものは見つけられなかった。

6月 16, 2019 ■新宿区 |