« 渋谷定点観測02-22 その13 円山町・神泉・道玄坂 | トップページ

2022.12.18

誰にも見えない巨大標語

 渋谷駅を降り、マークシティの横を入ったパチンコ屋の多い街を歩いていると、このように渋谷警察署と渋谷消防署の大きな標語が見える。
Pa259510s

Pa259518s

 近づいてもなかなか標語の全貌は見えない。ためしに道玄坂に出てみるとかえって全く見えない状況だ。この標語を見ようとすればこの道か、あるいはマークシティ内のオフィスから見るしかないようだ。GoogleMapで上空から見るとこのような状況だ。誰にも見えない場所にどでかい標語を表示する違和感。

20221218-115138


 ところで文字がかすれているのが気にかかる。「やさしさと思いやりのある運転を 渋谷警察署」「あとでより いまが大切 火の始末 渋谷消防署」の字は、よく見れば色があせて灰色になっているように見える。また標語がとりつけられている波板には雨が流れた汚れがついているではないか。
 試しにこの標語で検索をしてみると、あった。「あとでより いまが大切 火の始末」は1984年の全国統一防火標語、「やさしさと思いやりのある運転を 渋谷警察署」は1986年春の交通安全運動のスローガンだったのだ。80年代? 40年近く前?(日本損害保険協会「過去の全国統一防火標語」
 この建物新大宗ビル4号館の築年はすぐにはわからなかったが、隣の3号館の築年は1975年。4号館が建築されたのはその数年後とすれば、80年代に建築されたこのビルに渋谷駅前や道玄坂から目立つように標語を表示したが、その後周囲に建物が林立し周囲から見えなくなってしまったので、ある時点から更新もされずそのままになっているという経緯が想像できる。

なおこの標語の命も長くはない。現在この建物を含む新大宗ビル一帯では再開発事業が進行中だ。竣工は2026年。(渋谷文化「新たな再開発エリアの注目は『道玄坂』 新大宗ビル建て替えへ」

Pa259531s
付近には「長崎飯店」や「長岩病院」など古い建物や店舗が残る周囲とは微妙に違った雰囲気の場所だ。【吉】

Pa259548s

Pa259558s

 

12月 18, 2022 at 12:46 午後 ■渋谷区 |